安心して飲める水を提供するために欠かせない土壌汚染調査

ヘルメット

建物を守るための制度

防火対象物点検は、防火に関する専門的な知識を持った防火対象物点検資格者が、防火のチェックを行います。建物を火災から守るために、平成15年度に制定された制度です。防火対象物点検資格者が、火災事故を未然に防ぎます。

工事

地盤の強さをチェック

住宅やマンションの建築の際には地質調査を行って、適切な地盤改良を行うことが重要になります。地盤の固さはエリアによって異なりますし、同じエリアであっても画地にとって異なります。そのため、適切なポイントの地盤をチェックすることが重要です。

工事現場

家と関係する地盤の強度

建物を建てる場合、地盤調査はかかせません。もし、地盤が弱かった場合、家のバランスが保てなくなり、傾いたりもします。そういったことが起こらないように調べるのが、地盤調査です。この調査をして地盤の強度を把握し、そこにあっ工法をしていきます。

地下水への影響

作業者

飲料水として使用するため

日本では広く水道が普及しているため、飲み水に困ることはまずありません。しかし、井戸を使用して地下水をくみ上げて生活に使用している家庭も少なからずあります。地下水を使用するときに注意したいのが、安全性です。有毒な物質が含まれていると生活に使用するのはとても危険なため、早急に地下水の安全性を確かめる必要があります。地下水の安全性を確かめるためには、土壌汚染調査をすることをお薦めします。土壌汚染調査では地下水に含まれている有毒な物質を検出し、人体に影響がないかを確かめることができます。土壌汚染調査の結果、何も問題が無ければ普段通りに飲料水とし使用することができます。汚染された地下水を体に取り込まないためにも、土壌汚染調査をしておきましょう。

健康被害が無くなる

土壌汚染調査によって地下水の汚染度を知ると、思わぬメリットを得ることがあります。健康被害は何が原因で起こるのかわかりません。食べているものなのか運動のせいなのか、原因が特定しづらいといえます。飲んでいる水によって健康被害が引き起こされることもあるため、普段から飲料水の安全性には気を配りたいものです。土壌汚染調査の結果で地下水に有毒な物質が含まれていた場合は、すぐに飲料水として使うことやめることだと思います。有毒な物質を体に取り込まなくて済むので、今まで体が不調だったものが良くなることがあります。有毒な地下水を飲むことをやめたことで健康を被害を無くすことができるのです。土壌汚染調査は人の健康を保つことにも役立ってくれます。